×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬 フィラリア症の対策

フィラリアとは

フィラリアとは、蚊を媒体にして犬の身体に寄生感染する寄生虫の名前で、まれに猫やフェレットへの感染も見られます。人間の白血球にはこれを死滅させる力がありますが、犬の白血球にはその力が無い為、恐ろしい症状を発症し、最悪の場合は死にいたる病気となります。


フィラリアに感染すると、血液中で成長した寄生虫が、心臓に住みつきます。フィラリアの成虫は15センチから20センチに成長し、血液の流れを悪くします。それによって、心臓の負担だけでなく、呼吸困難や貧血を起こし、次第に腹水までたまるようになり、死に至ります。


フィラリア感染症の症状かどうかは獣医師の診察にゆだねるとして、愛犬が少しでも気になる行動や雰囲気を見せた時には、自分で判断せず、動物病院の受診をする事が肝心です。人間の癌と同じで、早期発見早期治療が、愛犬を完治させ、フィラリア感染症から救う事が出来ます。


フィラリア感染症には予防が一の有効手段ですが、まずは獣医師に愛犬を見てもらう事が肝心です。血液検査で感染しているかどうかわかりますし、どの様な進行状況かは詳しく調べればわかります。今の愛犬の健康状態を把握する所からまず始めてみてください。愛犬は自分の不調を口に出せないのですから。


フィラリア感染症とは

フィラリアとは、蚊を媒体にして犬の身体に寄生感染する寄生虫の名前で、まれに猫やフェレットへの感染も見られます。人間の白血球にはこれを死滅させる力がありますが、犬の白血球にはその力が無い為、恐ろしい症状を発症し、最悪の場合は死にいたる病気となります。


フィラリア感染症とは、フィラリアが成虫になり、犬の心臓に住み着いた状態を言い、様々な症状を引き起こします。荒い息をしていることがよく見受けられたり、運動をしていなくても、がぶがぶと水を飲んだり、突然ふらついてへたり込んでしまったりする事もあります。そして、死亡に至るケースも非常に多い病気です。


フィラリア感染症の治療方法は、病気の進行具合により様々ですが、一日も早い発見と治療が、愛犬への負担を軽くします。ほっておけば死に至る病気から救う事も、無言で苦しみに耐えている辛さから、解放してあげる事も出来ます。愛犬が頼れるのは、飼い主であるあなたでしかありません。よぉく観察してあげてください。


フィラリアに感染しているかどうかを調べる事こそ、フィラリアの治療の第一歩です。獣医師に相談する事で、愛犬に最も合った予防法や治療法を見つける事が出来ます。愛犬が、あなたに不調を訴えた時では遅いのです。血液検査で簡単に健康状態、感染の有無はわかります。是非、健康診断をしてあげてください。


フィラリア感染症の症状

フィラリアの事を詳しく知らなくても、ペットを飼っている人なら、一度は聞いた事がある名前だと思います。「フィラリア」は寄生虫の名前です。犬が蚊に刺されて感染する心臓の寄生虫です。人間も蚊に刺されると感染するのですが、人間の白血球は、フィラリアは人間より強い為、人間の体内で成長することはできません。


フィラリアの最終的なすみかになるのは心臓で、15pから20pに成長したフィラリアが、心臓そのものの機能を低下させ、血液の循環が思うようにいかなくなった犬は、呼吸困難、貧血などの症状を見せはじめます。このような症状が顕著になると、病気の改善も困難で、多くの場合は死亡します。


フィラリア感染症の症状かどうかは獣医師の診察にゆだねるとして、愛犬が少しでも気になる行動や雰囲気を見せた時には、自分で判断せず、動物病院の受診をする事が肝心です。人間の癌と同じで、早期発見早期治療が、愛犬を完治させ、フィラリア感染症から救う事が出来ます。


フィラリア感染症に一番有効なのは、予防です。これから愛犬を飼う事をお考えの方は、獣医師に相談し、適切な予防法を行う事をお勧めします。しっかりと予防すれば、その後愛犬が苦しむ事も、多くの治療費をかける事もありません。愛犬にとっても、飼い主にとっても、フィラリアの予防は、とても良い事なのです。